一軸スイング理論 究極リズムシンクロ打法 ブログ 体験談

Pocket



加齢で飛距離が落ちた
どうにかして飛距離をアップさせたい
非力なので飛距離が出ない

ネットで紹介されている
森本光洋の「究極リズムシンクロ打法」。

しなりを活用した自分のスイングリズムを見つけ、
シャフトのしなりを最大限に利用するスイングに進化させることで、
実は、体の衰えや体格的なハンデはある程度カバーできるのです。
ゴルフクラブの性能を上手に利用することができれば、
これまでにない飛距離と方向性を手に入れることが出来ますって言ってるけど、
マジ?本当なの?

実践者の声を見てみる

8番アイアン1本だけを使いスイングを習得できる
究極リズムシンクロ打法なら、
全てのショットで一定のリズムを保つことによって、
ゴルフのスコアを縮めることも可能になります。
ゴルフに体格や腕力を求めるより、
全てのショットで一定のリズムを保つことが大切です。
ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで
全てスイングリズムを一定にすることで
スコアは安定するようになります

これってかなり役に立ちそうだね~

自宅でもできるドリルもあり、
映像やテキストを眺めながら
理想的なスイングのイメージを構築するだけでも
ワクワクしてしまうし、
イメージ通りのスイングを身につけられそう

2020年4月22日 一軸スイング理論 究極リズムシンクロ打法 ブログ 体験談 はコメントを受け付けていません 未分類